終身活用学資プラン

保険商品の中で終身保険というものがあります。
この終身保険は、生きている間は、ずっと死亡保障が続くというものです。
保険料支払いが、続くか続かないかは、保険契約の際にどのような形態で加入するかにより異なります。

終身を活用して学資保険代わりにするというとてもおススメのプランです。
実際の活用、具体例は次の通りです。

子供が生まれて、学資保険に入らないといけないと考えたときに、学資保険に入るのではなく、終身保険に入ります。
ではどうすればいいのでしょうか。
終身保険の10年払込み型に加入します。
そして、低解約返戻金型の終身保険にするとさらに10年後の掛け金に対しての戻り率は向上するでしょう。
これは10年間だけ支払いを続けていくというものです。

そして低解約返戻金型というのは、加入後当初10年間に解約しようと思えば支払った金額に対して戻るお金が少なくなるというものです。
その代り、無事10年間支払いを終える事が出来たのなら、その戻り率は、必ず100%を超えるというものなのです。

これのメリットはいくつかございます。
まず、10年間支払う保険料が、それを続けさえすれば必ず、支払った金額以上のお金が戻ってくるようにすることが出来るという事です。
10年以内に解約すると、解約した時の解約返戻金が少ないという条件を付けたうえで、ただし、続けて支払う事が出来れば、支払った金額よりも上乗せしてお金を返してもらう事が出来るのです。
こうすると、これはまさに貯金が出来たという事になります。
契約後10年超えた時点で必ず増えているので、解約してしまえばお金が手に出来るというわけです。

他のメリットとしては、
10年間の保険料支払い中も死亡保障がついていますので、学資保険と同じように万が一親が死亡した場合も、
子供に対してお金を残すことが出来るというものです。
この場合、もちろん保険料支払いも必要ない学資保険と同じという事になります。

最後のメリットとしては終身活用学資プランの最も注目すべきところです。
10年後に解約してお金を引き出さなくても、その先ほぼ一生、死ぬまで放っておけば、お金がどんどんふえていくのです。
つまり10年支払った金額が11年目より12年目、12年目より13年目の方が解約した時のお金が多いという事です。
さらに死亡した時の保険としての死亡保障も、今後はお金を支払うことなく付いてくるのでさらにオトクというわけです。

通常の学資保険よりもこういう形での学資プランはいかがでしょうか。
もちろん学資保険も終身保険も生命保険料控除できます。

ただし学資保険もおすすめしないわけではありません。
学資保険の見直しと人気ランキングも参考にしてください。