学資保険と生命保険

大人になったら、生命保険に入らないといけないとか
子供が生まれたら、学資保険に入らないといけないとか、そう親や祖父母から言い聞かされて育ってきた人がいます。
アフラックやソニー生命の学資保険は有名ですね。

なぜ生命保険、学資保険に入る必要があるのかを意義を考えるのではなく、言われてきたから、社会人として、親としてそうしないといけないと思っている人は意外に多いものです。

子供が生まれたら学資保険を考えるのは良い事です。
学資保険の機能を考えるととても有意義であることは、間違いありません。
学資保険の意義とは、子供が就学中に親が死亡または高度障害等の状態になった時に、
この保険契約の支払いが免除される、つまり死亡保障といえる機能があります。
また学資保険と生命保険の違いについて詳しく知りたい方はhttp://www.arinko.jp/seimeihokenn.htmlをご覧ください。
親が死亡することなく生存したとしても、今度は子供の教育費の出費が大きくなることがあります。

中学校進学、高等学校進学などで、用品、制服、教科書などの購入費用からクラブ活動の為の備品、小遣い、家で食べる食事の量も体が大きくなるにつれ増えていきますので、やっぱり出費は増えます。
その時のための貯金として使う事ができるというわけです。
子供が出来たら、貯金しないといけないということは理解しているのですが、余ったら貯金しよう、とか今は余裕がないから貯金は出来ないななどといっているといつまでたっても貯金をする機会がないという事になります。

学資保険は、支払い方によりますが、毎月もしくは半年もしくは年に一回必ず口座からお金が引き落とされます。
だから意味があるのです。口座にお金を入れないと保険契約が失効してしまうので、なんとかして毎月の保険料を支払おう、口座に残しておこうとします。
これが大事なのです。
人はある一定のリズムがあって、それをずっと守り続けていくのは、無理やりでもやらないと続きません。

学資保険も生命保険ですが、だからこそ無理矢理に貯めるからこそ意味があるのです。
しかも銀行の定期預金などよりも圧倒的に支払った金額に対しての増える金額が多いのです。
このように学資保険、生命保険には、強制的に貯金が出来る、死亡保障として残された家族が安心して生活できるぐらいの資産が出来るなどの利点がありますので、ぜひしっかりと契約を継続させていくようにしましょう。
こちらのサイトには学資保険と生命保険のランキングも詳しく掲載されています。是非ご覧になってください。