学資保険は誰のための保険?

学資保険は誰のための保険でしょうか。
基本的には、学資保険ををかけてもらう子供の為の保険です。
学資保険の資料請求をして比較することをおすすめします。

学資保険は、親が死亡した場合、残された子供にお金が残るという保険でもあり、親が生存している時でも、子供が進学するような年齢になったらお金が引き出せるというものなので、それもまた子供の為に使うという形ですので、子供の為にはなります。
学資保険は、子供の進学の節目、節目に使用するために組み込まれたプランが多いため、
教育に使うという考え方が一般的で、実際にそうやって使う人がほとんどでしょう。

子供が生まれてから学資保険を契約する親が多いことでしょうけど、これが定期的に行う事が出来る貯金だということ、さらには保険料である掛け金を支払った金額よりも多く戻ってくるという機能を持つため、貯蓄目的で使う人もいます。
そういう人は基本的に、学資保険を貯金目的で使うという人とっては、とても良い、効率的な貯蓄手段なのです。
効率的な貯蓄手段である理由は、貯蓄機能以外に死亡保障という保険の機能も付いているから、保険料の毎月の支払いが厳しいということになっても、死亡保障をなくすわけにはいかないから、なんとしてでも保険料を支払おうとするからです。
だから強制貯蓄していけるという機能が本当に重要だという事です。
貯蓄よりも学資保険がおすすめなのです。

また、親が実際に生存し続けた場合に、子供に使うという目的ではなくても学資保険によって、お金を運用し続けることによって、回り回って最終的には、どちらにせよ子供に対しての教育費を支払うことが出来るわけです。
現在の歴史的超低金利の中で、銀行口座に預けておいても貯金に対しての利子は微々たるものです。
増える事のないところに預けておくよりは、保険商品である学資保険にお金を投資していく方がはるかに効率的で、銀行のそれより無駄が少ないはずです。
そして、たとえ親の家計を支えるという役目があったにせよ学資保険はやはり子供の為の保険といえるでしょう。

効率的に貯金し続ける事が出来て、効率的に死亡保障をかけ続ける事が出来る商品によっては、医療保障なども付保されている場合もある学資保険は大変おススメです。

また満期返戻金で学資保険を選ぶのもよいかもしれません。